ハコダテで暮らしながら食べたもの。
by relax_food
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
これおいしそうだし、いっ..
by かが at 01:21
函館のタクシーは他の町に..
by とおりすがり at 15:35
>Jhmさん こんにち..
by relax_food at 17:26
こんにちは。 誠に勝手..
by jhm-in-hakodate at 22:44
>dorayaki102..
by relax_food at 14:23
最新のトラックバック
蕎麦彩彩 久留葉
from みかんの函館ランチ
ミスタードーナツ 渋谷
from ペスカトーレ
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
リンクetc
このブログの方針
おいしさは主観なので、おいしいor不味いは、各自の判断にお任せいたします。ヨロチクね。是非ご自分で足を運ぶなりして確かめてくださいね。

基本的によっぽど不快なことがあった場合はお店に直接伝えるようにして、ブログには書かないことが多いです(そういう事象に遭遇すること自体レアですが)。

#お店関係者様
写真等、差支えがありましたら即刻削除いたしますので、お手数ですがご連絡いただければ助かります。

ほかのサイトへリンク

■いろいろリンク
港町写真ライフ
ハコダテの写真たくさん。
e-HAKODATE:
函館の観光からジモティな情報まで。


mixi
いまはやりのアレ。
道南コミュニティーネットSNS
道南に関連があるヒトたちのSNS。懐かしいヒトに会えるかも?

・Oisixのお試しセット

お試しセットは送料無料で、道産子にオススメ。

・ちょびリッチ。

1000p貯めたら500円もらえた♪
毎日誰かに1万円が当たる!ってことで、毎日サイトをチェックしつつもぐらたたきでポイント溜めてますw
ラブコスメティック


アレやコレ、いろいろ売ってます。恋愛系の読み物やアンケートなど結構読み応えがあってオモシロイです。

ブログ筆者にメールを送ってみる

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
たこ焼きマスターMさんの手腕
世代ごちゃ混ぜ誕生日会で、たこやきマスターMさんの手腕が発揮されました。
助手にしてもらったので、私もそこそこひっくり返せるようになりました!

d0031587_20313499.jpg


ざーっと流す材料。

d0031587_20313414.jpg


徐々に形になるたこ焼きたち。

d0031587_20313430.jpg


技、発動。

d0031587_20313432.jpg


ほくほくのたこ焼きが出来上がりですよ。
56個のたこ焼きを4人で平らげました。









粉モノは太る・・・って・・・ホント・・・だ・・・ね・・・orz

そんな訳で、つきこんにゃくをパスタに見立ててぺペロンチーノをやってみたのですが・・・湯がいたにも関わらず、においが取れず、お茶漬けこんにゃくとなりました。


だがしかし。
炭水化物好きの私には到底耐えられませんので。

一日の食事を7回くらいに分けることにします・・・(全体量は変えない)
[PR]
by relax_food | 2008-12-27 20:31 | わいわい飲んだ
豚バラブロックパワー
d0031587_226195.jpg


で、角煮。

いつも適当に作るんだけど、今回はちゃんとレシピどおりに。
でも、そのレシピは適当にwebから拾ったもの。

とはいえ、フライパンで脂を落とすとか、そういうのは料理のヒト手間ってやつですよね(たぶん)。

やっぱり、ヒト手間かけると違いますね。。。
なんといっても、脂っこさが格段に軽くなっているのが女子としてはうれしいところです。って、もう女子とは呼べない年齢だ!と、よく言われるんだけど。

よくあるホテルの夕食バイキングレベルくらいの味には到達していたように思います。しかし、何の工夫もないので、徐々に工夫を加えていきたいところですが・・・果たして。

ちなみに、卵は別ゆでの別味付け。
先に固ゆでにしておいて(半熟にしてもよかったんだけど、今回は固ゆで)、ジップロックに詰めて、めんつゆと水少しを入れて空気を抜いて外に放置←北海道ゆえにやってみたかった

3時間ほどで味が染みましたw

おいしかったけど、一人で食べるにはカロリアス。

急激に焦ったので、
なぜか糸こんにゃくを3回分仕入れました。。。
[PR]
by relax_food | 2008-12-22 22:06 | 自炊した
豚バラブロックぱわあ
パワー→ぱわあ、って書くと乙女チック。・・・って思うのは、楠桂さんがりぼんで描いていた「ごめんなサイコぱわあv」を思い出すせいかもしれません。

閑話休題

ブラバラブロックをご購入~
ホクレンショップに行ったら、夜遅いせいもあって、なんか高級そうなヤツしかなかったのさ。。。それも1個。998円もしただよ・・・。まあいいんだけど。

そのかいあってか、脂の乗り具合がいい感じで角煮にもってこいな感じねー。

・最初にフライパンで脂落とし→残った大量脂でキャベツ炒め(肉ナシでもコクが出てじゅーしー)
・ネギとしょうがで湯がいたお湯→冷凍保存でラーメンスープか!?

豚肉すげえな。
[PR]
by relax_food | 2008-12-20 02:50 | 自炊した
湯の川の一角にたこ焼き屋台
宝来町の「こがね」といえば、西高生OBOGな人たちには馴染みが深いかもしれません・・・

その「こがね」の姉妹店になるというたこ焼き屋さん(屋台車)が湯の川の住宅街の一角に登場してました。10月くらいにオープンしたらしい。

電車通り沿いの、COOPよりちょい本町側のセブンイレブンの角を曲がってスグ右手。のぼりがでてますね。

夜9時ごろ、通りかかったらまだ営業していたので、ついふつふつとたこ焼き熱が盛り上がり、おかいあげー1皿8個250円(やす!)。やきたてのほやほやをお持ち帰りしました。

注文後に作るようなので、10分くらいかかります。

聞くところによると木曜定休らしい。

もちもちふわふわでオーソドックスなたこ焼きは安心できますねー。懐かしい感じのたこ焼きです。それにしても、あたしゃ不器用なので、自分ではああも丸くつくれないと思います・・・。
[PR]
by relax_food | 2008-12-18 04:32 | サクッと食べた
男の隠れ家の出版社が・・・
男の隠れ家の出版社が自己破産しちゃったよ・・・orz


まれにみるイイ雑誌だったのに。



はぁ・・・

--
ソース:http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2856.html
帝国データバンク内のページっす

yahooニュースで見つけて、ショックのまま書いちまったんだぜ。。。




23時にホクレンに行ったら、
豚バラブロック肉が売り切れだったんだぜ・・・
豚肉大安売りの日だったのだろーか。


ところで、いきなりアクセス数が増えているのですが、いったいぜんたいどういうわけなのでしょう。まあいいけど。←ふえてるなーへってるなーくらいの関心しかないのでした
[PR]
by relax_food | 2008-12-17 01:44 | つれづれ
赤城乳業さんたら!@生チョコアイス
d0031587_1825416.jpg


ローソンに行ったら見てはいけないものを見てしまいました。。。
生チョコレートなどで有名な北海道のロイズと赤城乳業がコラボレートしてました。。。

正直、高いです。
350円くらいする高級アイスです。

しかし、



買わないわけにもいきません(なぜならば、赤城フリークだから)。


濃いです。
濃いミルク味と生チョコが絡み合ってウマー!

予想よりもこってりしていないので、量が多めですが耐えられます。これ以上濃厚になると危ないですけども。あ、でもカロリーは見てはいけませんwwwwww

自分へのご褒美な一品・・・ですが、コンビニの商品って気がついたらなくなってたりするので、食べたいと思った方は、気がついたときにエイヤ!と買ってみたほうがいいかもしれません。

赤城乳業の該当ページはコチラ
[PR]
by relax_food | 2008-12-14 18:25 | スイーツ食べた
ハイテク寿司。@すしまる戸倉店
d0031587_16462259.jpg


すーーーっごい、空腹の時にスーパーに買い物に行くと無駄なものまでパカパカと買ってしまうので、この日は先手を打っておなかを満たしてから買い物をすることにしました。

でもって、急激にお寿司が食べたい気分だったので、久しぶりに一人回転寿司です。

時刻は16:30という微妙な時間。自動ドアをまたぐと、店員が人差し指を立てながらニヤリという。

「おひとりさまで?」

まあ、このあたりは慣れてるので、悠々と案内されたカウンターで着席・・・ってきがついたらなんか各席にパネルがあるじゃんね(写真)。

回転寿司レーンにはネタが流れていません。普段は流れているのでしょうが、時間が微妙すぎる為、オーダーで頼むわ!って感じなのでしょう。

通常の回転寿司レーンの上に、もう一段回転寿司レーンがあり、オーダーした寿司はそのレーンを特急でくるようです。

まあ、何が言いたい記事かと言えば、
オーダーは全てパネルから行えるんだぜ、って話。会計の時に店員をよぶのすらパネルからです。たしかに、便利だし、人員削減に使える次世代の回転寿司システムやと思う。

だがしかし。それこそ情緒がないんだぜ!!!!
ものを食べるってそういう事じゃなかろーて!!!

とも、感じます。だからといって、お店を批判するとかそういう話ではないのですが。寂しいのと感嘆するのが五対五でまざりあってるかんじです。

ちなみに、お一人様にはすんげえ便利です。
お店側には人件費削減とともに、

客が欲望のままにオーダーしてしまうので売上が上がる


という効果もあると思う。。。

まあ、でもこーなると、わざわざ回転させる意味が無くなるようなきもする。

あ、そうそう。
このシステムで寿司をオーダーすると、特別レーンで寿司が来るんだけども、新幹線なトレイに乗せられて自分の場所まで寿司が着くと、けたたましくサイレンが鳴るんです。

で、目の前には「ネタが着いたら(取ったら?)押してください」ボタンがあるんです。

サイレンのけたたましさに慌てて、ボタンを押したら・・・

新幹線トレイごと寿司が厨房にGOしてしまいました。その節は、店員さん・・・ご面倒をかけてすんません。。。


それにしても、メガネなしだと、どうにも文字がぼやけますな・・・。
乱視近視が悪化してる気がする。
[PR]
by relax_food | 2008-12-13 16:46 | つれづれ
若竹のおだんご♪
湯の川の老舗お団子屋「若竹」の三色団子。

以前からず~っと食べたかったのですが、なかなか機会がなかったのです。

が、
やっと食べることが出来ました。

友人が遊びに来ている時に、「行ってみよう!」というノリで予約ナシで突撃したのです。

この「若竹」さんの三色団子。芸能人や有名人などの方に人気が高いようで、湯の川温泉にそういった方々が宿泊すると、お茶うけとしてホテルや旅館側が用意しているという噂。たとえば、先日正体を隠してケータイ小説家デビューをした頭を丸めたあの女性や、100万本のバラなあの人などから注文があるらしいです。

さて、「若竹」さん。普段は予約生産だけあって(余ると予約ナシでも売ってくれるらしいです)、お店のシャッターは半分閉まっていたり、開いていたりとなんともはや、一見さんには入りづらい店構えです。突撃した日は、しっかりとシャッターが開いていたことと、おひとりさまではなかったので勢いもあり、あっさりと扉に手をかけて、ガラガラガラと昔ながらの引き戸を開けました。

だれもいませんが、こうした小さな商店の場合は、まずは挨拶が大事でしょうと、ひとまずおくに向かって「こんにちは~!」と言ってみる。

奥から『予約の佐藤さん(仮名)カーイ?』と、おばあちゃんのような声。

残念ながら、こっちは佐藤とは似てもにつかぬ名前なので、「ちがいまーす!予約は無いんですが、ありますかー?」と、呼びかける。

やっとこおばあちゃん登場。

曰く、

「予約が入っていて、ちょうど取りに来る時刻だったから佐藤さん(仮名)とおもったわよー。でも、今日はアンタ運がいいわよ!5本入りまでなら大丈夫(意訳)だから!」

というわけで、5本入りの三色団子をゲット。

しつつ、おばあちゃんの話は止まらない。およそご年配とは思えないほどの勢いで元気良く早口で話すばーちゃん。なんかいろいろ面白い話を聞けたのだけど、もったいないから秘密。

最後に特別なのかなんなのかよくわかんないけど、お土産みたいなのももらってお礼を言って店を出た。

明治から続く「若竹」のおばあちゃんは、とても若々しい。話しぶりはもちろん、肌もツヤピカ。気持ちのいいしゃべりっぷりで、なんだか元気をもらっちゃった感じ。

予約生産しかしていらっしゃらないようなので、
確実に食べてみたい方は予約が確実。1本辺り150円もする高級(?)な団子ですが、さすがの上品な味です。甘すぎず、しつこくないのが150円なんだと思います。今度実家に帰省するときには、ちゃんと予約して買って帰ろうと思います。

ばーちゃんに食べさせたいんだよね。

それにしても、こういう気持ちのいい年配の方は尊敬します。見習ってああいうばーちゃんになろう。これからもできるだけ長く団子を楽しませてもらえるとうれしいです。
[PR]
by relax_food | 2008-12-12 15:47 | スイーツ食べた
映画
寝る前にちょっとメモ。(スイマ睡魔ーで限界なので、レスなどは、起きてからで・・・すんません)

「童貞。をプロデュース」
「ノン子36才(家事手伝い)」
「パークアンドラブホテル」

特に「パークアンドラブホテル」は、DVD化されたら買う勢い。
映像と雰囲気と、リリィ氏および、役者の方々(子役含め)の自然な演技がいい。色合いとか空気感とか、なんか伝わるものが・・・

と思って、監督のプロフィール見たら、誕生日が近かった(てか、私の本当の誕生予定日だっけか?)。これは、うわさのうお座同士の波紋なんでしょーか。否。監督とリリィさんの雰囲気もとてもうそがなさそうで素敵でした。

函館には、メジャーな映画が来ることの方が多いので、
好みの映画がやってくる機会はあんまり逃したくないネー。
[PR]
by relax_food | 2008-12-08 03:53 | つれづれ
豚と軍艦@シネマ
たまには映画レビュー(ちゅーか、感想にも満たないつぶやき)。

豚と軍艦 [DVD]


先日、テレビのドキュメンタリーで放送されたのが記憶に新しい長門裕之氏と南田洋子氏が2人揃って出演している映画。およそ45年ほど前の映画のはずです。

その為、白黒で音も聞き取りづらいところもあったりします。

ストーリーはリンク先をみてもらうこととして、この作品は色々な意味で胸に迫るものがあります。見終わった後の感触は、これまで見た映画の中で2番目にずっしりと心に落ちます。(一番目は「headwig and the angry inch」)

メガホンを取っているのが若干35歳だった今村昌平監督。

・男のバカさ加減に、また男が愛おしくなる
・豚、大行進
・マシンガン乱射のシーンからラストシーンまでの長門裕之氏の迫真の演技
・女の強さ
・体制に向かっていく強さと若さ
・ところどころの喜劇

実を言うと、(ヒットをするような)邦画には深みが足らない気がして、好きじゃないんです。しかし、この作品には、海外の作品のような種類の深さではないけれど、ある時代の日本の現実感が詰まっているように思います。最近の邦画の方が、リアルを感じるはずなのに、どこかそらぞらしい。むしろ、今から半世紀も前に撮られた作品の方がリアルに感じるのは、日本の社会の根底にある豚と軍艦の構図が、(直視していないまでも)いまもなお崩れていないからかもしれない。

こういう作品は、現在では撮れる気がしない。

と、ゆーカタイところはともかくとして、長門氏が演じる主役の小チンピラが、男のバカで(女に言わせるところの)かわいさに溢れているような気がして、ちょっと胸がキュンキュンします。好きな女性に対して、素直になれない、優しい言葉がかけられない、なんていうか、そういう昔風味な男子が良いですね。だからこそ、ヒロインの最後のセリフは私が予想した通りのものだったわけで。なんともはや。

ただ、この手の映画が嫌いな人は嫌い、わからない人はわからない、というタイプの映画だと思う。この時代の邦画(で、裕次郎とは逆方向の作品)を、もう少しみたくなりましたねー。
[PR]
by relax_food | 2008-12-06 02:23 | つれづれ
なかのひと