ハコダテで暮らしながら食べたもの。
by relax_food
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
これおいしそうだし、いっ..
by かが at 01:21
函館のタクシーは他の町に..
by とおりすがり at 15:35
>Jhmさん こんにち..
by relax_food at 17:26
こんにちは。 誠に勝手..
by jhm-in-hakodate at 22:44
>dorayaki102..
by relax_food at 14:23
最新のトラックバック
蕎麦彩彩 久留葉
from みかんの函館ランチ
ミスタードーナツ 渋谷
from ペスカトーレ
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
リンクetc
このブログの方針
おいしさは主観なので、おいしいor不味いは、各自の判断にお任せいたします。ヨロチクね。是非ご自分で足を運ぶなりして確かめてくださいね。

基本的によっぽど不快なことがあった場合はお店に直接伝えるようにして、ブログには書かないことが多いです(そういう事象に遭遇すること自体レアですが)。

#お店関係者様
写真等、差支えがありましたら即刻削除いたしますので、お手数ですがご連絡いただければ助かります。

ほかのサイトへリンク

■いろいろリンク
港町写真ライフ
ハコダテの写真たくさん。
e-HAKODATE:
函館の観光からジモティな情報まで。


mixi
いまはやりのアレ。
道南コミュニティーネットSNS
道南に関連があるヒトたちのSNS。懐かしいヒトに会えるかも?

・Oisixのお試しセット

お試しセットは送料無料で、道産子にオススメ。

・ちょびリッチ。

1000p貯めたら500円もらえた♪
毎日誰かに1万円が当たる!ってことで、毎日サイトをチェックしつつもぐらたたきでポイント溜めてますw
ラブコスメティック


アレやコレ、いろいろ売ってます。恋愛系の読み物やアンケートなど結構読み応えがあってオモシロイです。

ブログ筆者にメールを送ってみる

豚と軍艦@シネマ
たまには映画レビュー(ちゅーか、感想にも満たないつぶやき)。

豚と軍艦 [DVD]


先日、テレビのドキュメンタリーで放送されたのが記憶に新しい長門裕之氏と南田洋子氏が2人揃って出演している映画。およそ45年ほど前の映画のはずです。

その為、白黒で音も聞き取りづらいところもあったりします。

ストーリーはリンク先をみてもらうこととして、この作品は色々な意味で胸に迫るものがあります。見終わった後の感触は、これまで見た映画の中で2番目にずっしりと心に落ちます。(一番目は「headwig and the angry inch」)

メガホンを取っているのが若干35歳だった今村昌平監督。

・男のバカさ加減に、また男が愛おしくなる
・豚、大行進
・マシンガン乱射のシーンからラストシーンまでの長門裕之氏の迫真の演技
・女の強さ
・体制に向かっていく強さと若さ
・ところどころの喜劇

実を言うと、(ヒットをするような)邦画には深みが足らない気がして、好きじゃないんです。しかし、この作品には、海外の作品のような種類の深さではないけれど、ある時代の日本の現実感が詰まっているように思います。最近の邦画の方が、リアルを感じるはずなのに、どこかそらぞらしい。むしろ、今から半世紀も前に撮られた作品の方がリアルに感じるのは、日本の社会の根底にある豚と軍艦の構図が、(直視していないまでも)いまもなお崩れていないからかもしれない。

こういう作品は、現在では撮れる気がしない。

と、ゆーカタイところはともかくとして、長門氏が演じる主役の小チンピラが、男のバカで(女に言わせるところの)かわいさに溢れているような気がして、ちょっと胸がキュンキュンします。好きな女性に対して、素直になれない、優しい言葉がかけられない、なんていうか、そういう昔風味な男子が良いですね。だからこそ、ヒロインの最後のセリフは私が予想した通りのものだったわけで。なんともはや。

ただ、この手の映画が嫌いな人は嫌い、わからない人はわからない、というタイプの映画だと思う。この時代の邦画(で、裕次郎とは逆方向の作品)を、もう少しみたくなりましたねー。
[PR]
by relax_food | 2008-12-06 02:23 | つれづれ
<< 映画 食べちゃ駄目だ! >>
なかのひと